仮想通貨取引禁止も、政府が法案準備

韓国法務省がビットコインなどの仮想通貨の取引を禁止する法案を準備していることが分かった。投機マネーが殺到しバブルが起きていることが背景にある。同省関係者はNNAに対し、「すでに関連省庁と協議に入った」と話した。

朴相基(パク・サンギ)法相も同日の記者会見で、「これ以上、(仮想通貨取引の)過熱を放置できない」とし、「取引所の廃止も検討している」とコメントした。

一部では、仮想通貨が「ブロックチェーン(分散型台帳)」技術と関係が深いことから、政府の対応に対して行き過ぎとの批判の声も上がっている。朴法相は、これに対し「仮想通貨技術によってのみ、ブロックチェーン技術が発展するわけではない」と反論した。

韓国の金融委員会は現在、仮想通貨の口座開設サービスを提供している新韓銀行など6行に対する監視を強化し、マネーロンダリング(資金洗浄)などの違法行為に目を光らせている。

ロイター通信によると、10日に国内2位の仮想通貨取引所のビッサム、11日に同最大のコインワンに税務調査が入っている。脱税の疑いがあるという。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 経済一般・統計IT・通信金融・保険政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2006年にスタートし…(04/26)

韓国が工業団地計画、自動車輸出拠点に(04/26)

LGが化粧品エイボンを買収 日系3社目、日本事業を強化(04/26)

海事庁、産業展示会で7つの契約・覚書締結(04/26)

4月消費者心理指数、5カ月連続で下落(04/26)

3月の輸出量指数上昇、電子機器などけん引(04/26)

タインコンと現代の合弁、小型トラック発売(04/26)

2月出生児数が過去最低、27カ月連続減少(04/26)

公取委がLG電子に罰金、下請け法違反で(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン