18年の経済成長率は6.9%、中銀予測

カンボジア中央銀行は、2018年の国内総生産(GDP)成長率を6.9%と予測した。成長要因としてマクロ経済の安定や金融部門の成長、政府の税収増、抜本的な構造改革の推進などを挙げ、観光、建設、縫製産業がけん引役になるとした。クメール・タイムズ(電子版)が11日伝えた。 G…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

政党法改正案が可決、野党の活動再開に道(13:08)

毛沢東通りにオフィスビル、19年末開業(14:44)

コンテナ飲み屋街が閉鎖 土地代高騰、客足に陰りも(12/13)

証取所の投資家、11月時点で2万人突破(12/13)

対外債務拡大の懸念は不要、経済財政委(12/13)

アムルライス、ベトナムの新規制を懸念(12/13)

台湾系ユニオン銀、新本店ビルの落成式開催(12/13)

外国人観光客、1~10月は11.5%増(12/13)

ゴム輸出価格が下落、米中貿易戦争の余波(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン