香港華新、バッグ工場の生産能力増強

非皮革製バッグを生産する香港企業ワーサン・ハンドバッグス・インターナショナル・ホールディングス(華新手袋国際控股)の馬慶文会長は、カンボジア工場の生産能力を増強し、同国の生産比率を現在の60%からさらに高める考えを示した。香港紙、星島日報(電子版)などが伝えた。

ワーサンは中国本土とカンボジアに生産拠点を持ち、香港株式市場で新規株式公開(IPO)を実施しており、最大1億3,800万HKドル(約19億7,400万円)を調達し、資金の大部分をカンボジア工場に投入する予定だ。

馬会長は「カンボジアの人件費は他の東南アジア各国と比べて最も安い。現地の最低賃金が今年11%上昇し、170米ドル(約1万9,000円)となっても、中国本土には遠く及ばない」と指摘した。


関連国・地域: 中国香港カンボジア
関連業種: 製造一般金融・保険雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

17年の天然ゴム輸出30%増、価格も上昇(01/19)

政治対立に新たな火種 元野党党首ら新団体、政府監視(01/19)

〔寄り道〕フン・セン首相のトレーニング…(01/19)

空港直通列車の線路工事、4月にも完了(01/19)

首都―ポイペトの鉄道改修、年内完了(01/19)

首都とシエムレアプに新空港=首相が確認(01/19)

所得税の非課税枠が拡大、3年連続(01/19)

中国企業の資金洗浄報道、カンボジアが否定(01/19)

花まるラボ、思考アプリで学力向上支援へ(01/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン