チャンドラ・アスリ、設備投資に3億米ドル

インドネシアの石化最大手チャンドラ・アスリ・ペトロケミカルは、今年の設備投資額を3億米ドル(約340億円)と設定した。前年から25%拡大した。8日付コンタン(電子版)が伝えた。 投資家担当責任者のハリー・タミン氏によると、投資額の多くは、2020年完工予定のポリエチレン…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 化学・石化金融・保険建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

首都のナンバー通行規制、23日から6時開始(04/20)

地場FIT、域内初のドローン工場を開所(04/20)

スズキと中国社が新モデル IIMS開幕、販売見通しは慎重(04/20)

【アジア三面記事】結納金貸します(04/20)

全日空がジャカルタで旅行展、銀行と初共催(04/20)

Jトラスト、自動車ローン会社を子会社化(04/20)

JCBが新カード、通信大手など2社と提携(04/20)

政策金利は4.25%で据え置き、7カ月連続(04/20)

ガルーダ航空、7.5億ドルの社債発行へ(04/20)

JJC新理事長、双日の武田氏が就任(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン