チャンドラ・アスリ、設備投資に3億米ドル

インドネシアの石化最大手チャンドラ・アスリ・ペトロケミカルは、今年の設備投資額を3億米ドル(約340億円)と設定した。前年から25%拡大した。8日付コンタン(電子版)が伝えた。 投資家担当責任者のハリー・タミン氏によると、投資額の多くは、2020年完工予定のポリエチレン…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 化学・石化金融・保険建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:環境汚染の原因の一つと…(07/18)

【予定】18日 TPP首席交渉官会合ほか(07/18)

テイクオフ:インドネシアの学校で1…(07/18)

【人事】共立印刷社長に佐藤尚哉氏ほか(07/18)

【この人に聞く】中小企業の国際物流を支援 アンダリン、日本企業とも提携(07/18)

【訃報】三好孝彦氏(元日本製紙社長)(07/18)

パティンバン港建設、JV5社が500億円受注(07/18)

プラデルタ、上半期の土地販売額は44億円(07/18)

【アジア自動車データ集】二輪販売(325)(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン