韓ロッテ免税店、ベトナム進出初年から黒字

2017年にベトナムに進出した韓国のロッテ免税店が、進出1年目にして黒字を計上したことが明らかになった。8日付中央日報が伝えた。

同社は現在、中部ダナン市のダナン国際空港に出店している。免税店は多くの初期費用がかかるため、初年から黒字を記録するのは異例のことだという。好調の背景には、徹底した現地化がある。同社は進出前に2年かけて現地の調査を行ったほか、ベトナム人の採用を増やして意見を取り入れている。チャン・ソンオク代表は、半年に1度のペースで現地の消費動向をチェックしていた。

同社は18年、中南部カインホア省ニャチャン市の玄関口となっているカムラン国際空港にベトナム2号店となる免税店をオープンする予定であるほか、同市内やダナン市、ハノイ、ホーチミン市内への出店も計画している。チャン代表は、「ベトナムは外国人旅行者が急増している魅力的な市場」と話しており、今後も急速な店舗拡大が見込まれる。


関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: 商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(04/24)

イオン、アセアンに8百億円 モールなどに投資=18年度計画(04/24)

日系2社がオフィス開発参画 京阪とサンケイビル、初の比事業(04/24)

洗濯機の対米輸出が45%減 セーフガード発動が影響(04/24)

TMT自動車、タタの3S代理店開業(04/24)

財務省、自動車部品原材料の減免策検討へ(04/24)

SCG傘下のプラ企業、越の同業に追加出資(04/24)

BMWマレーシア、比と越に年内輸出開始(04/24)

チュオンハイ自動車、18年は販売3割増へ(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン