27日指数は反発、従来型産業が下支え

27日の台湾株式市場で加権指数は反発。終値は前日比64.76ポイント(0.62%)上昇し10,486.67ポイント、売買代金は907億3,700万台湾元(約3,430億円)だった。 前日はハイテクを中心に売り優勢となり、加権指数が100ポイント超の下げとなり、27日は従来型産業が指数の押し上げに寄…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

台湾の国際競争力17位に後退 中国に抜かれる、労働市場に低評価(05/25)

自貿区の対外開放を拡大 国務院、広東など3カ所で(05/25)

TSMC、アップルの「A12」量産開始か(05/25)

LEDの晶元光電、3事業部を年内に分社化(05/25)

サムスンが3ナノ半導体量産、21年を目標(05/25)

聯発科技、AI技術搭載チップ「P22」発表(05/25)

参拝にもスマート化の波、各社が新製品投入(05/25)

台湾企業の投資、加工貿易から内需型に変化(05/25)

致新、アリババのスマートスピーカー向け受注(05/25)

南亜トップ、今年のDRAM市場見通しは良好(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン