丸紅がLNG供給船、PTTと事業化検討

丸紅は27日、タイで液化天然ガス(LNG)燃料補給の事業化調査を開始したと発表した。タイ国営石油PTTと共同で、同国最大の商業港である東部のレムチャバン港周辺の船舶向けに、LNGを供給する船の運用を検討する。世界的に環境規制が強化される中、今後拡大が見込まれるLNG燃料の船舶向けの需要に対応する。

丸紅の担当者によると、11月7日にPTTと同事業に関する覚書を締結。同23日に東部ラヨ―ン県マプタプットでPTTが運営するLNG基地で供給船にLNGを積み、レムチャバン港周辺の船舶向けに供給する試みを開始した。事業化調査は2018年いっぱい実施し、19~20年に最終的な投資判断を下す予定。

物流拠点が集積するレムチャバン港には年間8,000隻以上の船舶が停泊。船舶の排ガス規制が20年から国際的に強化されることを受け、環境性能に優れたLNG燃料の船舶は増加する見通しだ。ただ、LNG燃料の供給船は世界でも数隻しか運航しておらず、今後の需要拡大が見込まれている。

丸紅は先月、ロシアのカムチャッカ半島沖合いでLNG積み替え基地の事業化調査を実施すると発表するなど、LNG事業を強化している。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 天然資源運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

小口金融HKL、タイ格付け機関がBBB+(15:34)

石化PTTGC、CVCの子会社設立へ(13:44)

テイクオフ:試合開始の1時間前に着…(05/22)

1~3月GDPは4.8%増加 農業が回復、通年4%超え予想(05/22)

4月のメーカー別車輸出、増減が半々(05/22)

現代自、主力ミニバンの特別限定モデル投入(05/22)

レムチャバン―コンケン貨物線、国鉄が承認(05/22)

フアヒン空港、PPPで拡張の見通し(05/22)

積水化成品工業、東部に生産拠点を新設へ(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン