大事故原因の歩行者に懲役15年も=改正刑法

ベトナムで来年1月1日に施行される改正刑法では、重大事故を引き起こす原因となった歩行者に対し、最高で懲役15年の刑が科される可能性がある。22日付トイバオ・タイチン電子版が報じた。 これによれば、3人以上が死亡する交通事故を引き起こした者は懲役7~15年に処せられる…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

所得向上で拡大する間食市場 売れ筋に地域差、南部はチョコ好調(07/20)

【アジア三面記事】神隠しの結末は(07/20)

白金運輸、カイメップ港に物流センター(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

ベトジェット、ボーイングに100機発注(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

ベトジェットが大邱線就航、毎日運航へ(07/20)

物流J&T、年内にタイと比進出を計画(07/20)

航空会社への出資上限、49%に引き上げ検討(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン