INPEX、マハカム鉱区へ再参画の方針

国際石油開発帝石(INPEX)は25日、2017年末に生産分与契約が切れるインドネシア東カリマンタン州のマハカム沖鉱区について、今後も同鉱区に参画する方針で政府当局や国営石油プルタミナと協議を続けていくと発表した。同じく年末に生産分与契約が期限を迎えるインペックスア…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

国営電力、通貨安でグローバル債発行を延期(19:28)

MRT、駅名の命名権を競売へ(18:21)

中小の法人税率、7月から0.5%に引き下げ(15:23)

テイクオフ:今ではすっかり傍観者と…(05/24)

JJC新理事、新たな60年へ 共栄に向け新たな関係構築を(05/24)

一般道のナンバー規制拡大、アジア大会前に(05/24)

州営MRT、非現金化でゴジェックと提携(05/24)

ゴジェック、ベトナム進出を計画(05/24)

ジャカルタLRT、2期の事業費は7億ドル(05/24)

バタムの商工会議所、経済特区移行に反対(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン