コルカタ港の貨物急増、ネパールで需要拡大

インド東部コルカタ港のコンテナ貨物の荷動きが激しくなっている。直近4カ月の取扱量だけで2016/17年度(16年4月~17年3月)の8割強を記録した。15年の大地震の被害を受けたネパールで復興需要が盛り上がり、選挙関連の物資の輸入も増えているためだ。ライブミント(電子版)が…

関連国・地域: インドネパール
関連業種: 経済一般・統計運輸・倉庫社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド文化で重要な地位…(02/26)

海外で活躍する「士業」育成 学生インターン、専門家が協力(02/26)

ホンダ四輪現法、社長交代へ(02/26)

BMW、4月からBS6適合車販売(02/26)

セムコープ、10~12月期決算は85%減益(02/26)

インフラ開発エッセル、EV事業に参入(02/26)

政府、EV向け電力料金の設定を検討(02/26)

ダイキアクシス、印法人設立(02/26)

トラクター販売、本年度は過去最多見込み(02/26)

印系TVSアジアニクス、物流PALを買収(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン