コルカタ港の貨物急増、ネパールで需要拡大

インド東部コルカタ港のコンテナ貨物の荷動きが激しくなっている。直近4カ月の取扱量だけで2016/17年度(16年4月~17年3月)の8割強を記録した。15年の大地震の被害を受けたネパールで復興需要が盛り上がり、選挙関連の物資の輸入も増えているためだ。ライブミント(電子版)が…

関連国・地域: インドネパール
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

【アジア自動車データ集】生産台数(329)(08/15)

【予定】15日 全国戦没者追悼式ほか(08/15)

リーラコーエン、日本に就職相談窓口を設置(08/15)

テイクオフ:「ネループレースに行け…(08/14)

CPI上昇率、7月は4.17%に鈍化(08/14)

車両の輸入規制緩和、業界から懸念の声(08/14)

【予定】14日 6月鉱工業生産指数確報ほか(08/14)

廃車政策、買い替え時の金利補助導入も(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン