省エネ車の比率、22年には8割に拡大

マレーシア国内の新車販売台数に占める省エネルギー車(EEV)の割合は、2022年までに8割に達する見込みだ。政府は現在の約5割からさらに普及を進め、マレーシアをアジア地域のEEV製造拠点にしたいとしている。国営ベルナマ通信が11日に伝えた。 オン・カーチュアン第2貿…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年のえとであるいぬ年…(01/24)

17年新車販売、微減の57.7万台 向こう5は年2%成長=自動車協(01/24)

12月の新車販売、16%減の5.5万台(01/24)

RM=28.1円、$=3.92RM(23日)(01/24)

MRT事業の落札、ガムダの合弁が有力(01/24)

GHL、アリペイ事業を比に拡大(01/24)

漢方ハイオー、台湾ウイスキー独占販売へ(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン