• 印刷する

日系2社、地方創生デジタルマーケ事業開始

IT関連事業を手掛ける日系のTKインターナショナルと、ディバータ(東京都新宿区)のマレーシア法人ディバータ・アジアは12日、多言語対応ウェブサイトやソーシャルメディアなどのデジタル技術を活用することで、より効果的に日本の魅力を海外に発信する「地方創生・デジタルマーケティング事業」を開始した。

日本の魅力をより分かりやすく海外に発信したい自治体や企業を対象に、英語、中国語、マレー語、日本語の4言語に対応したウェブサイトの制作や、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなど主要SNSの運用代行などのサービスを提供する。

両社は先月、共同事業の第1弾として、愛媛県がクアラルンプール(KL)中心部の伊勢丹スリアKLCC店で実施した物産展のプロモーションやサイト制作を請け負った。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

不動産アヤラ、国外で新たなM&A検討(17:09)

テイクオフ:自宅近くにホテルが開業…(10/16)

ASEAN対米輸出が12%増 貿易戦争激化の7~8月に伸び(10/16)

国会開幕、焦点は予算案 初日は元副首相の復職話題に(10/16)

9月の新車販売、前年同月比24%減(10/16)

RM=26.8円、$=4.15RM(15日)(10/16)

環ボルネオ高速道、政府は無料化維持(10/16)

低価格住宅は最高30万リンギが妥当=HBA(10/16)

住宅のブミ優遇制度、業界で根強い反発(10/16)

9月のパーム原油生産、前月比14.4%増(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン