銀河娯楽、フィリピンでカジノ建設へ

マカオでカジノを運営する香港上場の銀河娯楽集団(ギャラクシー・エンターテインメント)が、フィリピン有数の観光地であるボラカイ島で、カジノリゾートの建設を計画している。3億~5億米ドル(約340億~567億円)を投じる見通しだ。9日付信報などが伝えた。 フィリピンのパ…

関連国・地域: 中国香港マカオフィリピン
関連業種: 建設・不動産小売り・卸売りサービス観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:世界で運航便数が最も多…(07/24)

テイクオフ:学生時代の北京留学で知…(07/24)

大型小売店最大手が店舗縮小 今年は6店以上閉鎖、競争激化で(07/24)

1~6月のコンテナ取扱量、香港を上回る(07/24)

新界西部で店舗営業見合わせ 暴行事件受け、安全確保へ(07/24)

三菱地所、地場不動産ベンチャーに出資(07/24)

香港のGDP成長率、今年2%達成は困難か(07/24)

基本インフレ率、豚肉高騰で上昇の恐れ(07/24)

香港空港で26日に集会か、ネットで呼び掛け(07/24)

「条例改正案の撤回を」、香港総商会が声明(07/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン