国家選管、報道対策チームを組織

カンボジア国家選挙管理委員会は、報道対策チームを組織した。事実と反する「フェイクニュース(偽ニュース)」から委員会を守るとしている。

報道対策チームには、国家選管の委員長が直接指示を出す。選挙関連ニュースの情報を集め、真偽確認や、国民の混乱を招かないかなどを分析。事実と反するニュースと断定した場合、委員長に報告する。

最大野党・救国党が11月16日に解党され、国家選管に与党・人民党の意向が強く働いているとの指摘がある。報道の自由が脅かされると懸念する声もある。

ある専門家はクメール・タイムズ紙に対し、「報道対策チームを組織したのは、交流サイト(SNS)などで広がっている批判を回避したい思惑がある」と述べた。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: マスコミ・出版・広告政治

その他記事

すべての文頭を開く

過積載車両の取締り延期要請 国際競争力奪うと縫製協会(02/16)

欧米商工会、物流コスト低減を政府に訴え(02/16)

新興航空カンボジア・エア、下期に台湾就航(02/16)

中銀、実態ない10宝石業者の免許はく奪(02/16)

首都―ポイペト鉄道、4月に一部試験走行(02/16)

カンボジア産米の認証機関設立、偽装対策(02/16)

首相、韓国と北朝鮮の五輪外交評価(02/16)

【カンボジア経済通信】中国首相が訪問、大盤振る舞い続く 第331回(02/16)

17年の観光収入、13%増の36.3億ドル(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン