テイクオフ:仁川空港を利用した時の…

仁川空港を利用した時のこと。トラとクマの着ぐるみが6歳の息子に近づいて来た。平昌五輪のマスコット、白虎の「スホラン」とツキノワグマの「バンダビ」だ。

開催まで2カ月あまり。着ぐるみを見て、日本に住む知人へのお土産に五輪グッズをと思ったが出国後のエリアには販売店が見当たらない。どうやら店は出国前エリアにあるようだ。

公式グッズでは、文在寅(ムン・ジェイン)大統領がロシアのプーチン大統領にマスコットのぬいぐるみをプレゼントして以来、ぬいぐるみの売り上げが上々だという。そのほか、ロングダウンジャケットは軽くて暖かく、価格も良心的なことから爆発的な人気となった。

公式グッズはオンラインのほか、ロッテ百貨店やソウル駅、仁川および金浦空港などで販売されている。年末の日本帰省の際は、五輪グッズをお土産にしてもいいかもしれない。(れ)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

クボタ、ヤンゴン2工区の上水整備受注(12:20)

接待規制法を一部改正、贈り物や慶弔費など(12:24)

テイクオフ:今の韓国は若者にとって…(12/12)

【アジアで会う】金承福さん 出版社「クオン」経営者 第181回 本でつなぐ日韓文化(日本)(12/12)

現代自にウォン高の逆風 日系が価格競争力で優位に(12/12)

高額の税金滞納者、2万人超のリスト公開(12/12)

産業銀、中国工商銀と通貨スワップ締結へ(12/12)

M&M、韓国・双竜自の電動化検討(12/12)

板橋第2テクノ団地、支援企業を拡大(12/12)

【アジア取材ノート】「韓国の秋葉原」、50年ぶりリニューアル(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン