• 印刷する

サッカーJ―ASIA杯、ヤンゴン準優勝

準優勝したヤンゴンJ―スターズ=25日、ヤンゴン(同チーム提供)

準優勝したヤンゴンJ―スターズ=25日、ヤンゴン(同チーム提供)

アジア各国・地域の日本人サッカーチームが実力を競い合うサッカー大会「第21回J―ASIAカップ2017」(エヌ・エヌ・エーなどが協賛)が25日、ミャンマー最大都市ヤンゴンで開催された。12カ国・地域から集まった17チームが競い、香港Jオールスターズが3年ぶり5度目の栄冠を手にした。今大会の幹事であるミャンマーからはヤンゴンJ―スターズとマンダレーJ―スターズの2チームが出場、ヤンゴンJ―スターズが準優勝した。

17チームによるトーナメント戦で、順位決定戦も含めて計36試合が行われ、各チームは最低4試合を戦った。

ヤンゴンチームのキャプテンで今大会の代表幹事を務めた又平宗一郎氏は、「年に一度、サッカーを通して、他のアジア諸国で生活する方々と交流できる大会。特に今大会は、多くの方にとって初めてのミャンマー訪問となっただけに、大きな意義を感じています」と語った。


関連国・地域: 香港ミャンマー日本
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

難民キャンプで火災、ロヒンギャ6人死亡(18:04)

アリババ系が初の大型販促 「独身の日」でEC市場拡大狙う(10/22)

健康、教育分野の新興企業に投資=TVP(10/22)

大統領介入、イレブン記者は解放の方向か(10/22)

UEHRD1年で組織強化促す、スー・チー氏(10/22)

英政府と蘭の飼料会社、養豚業の振興支援(10/22)

政府、数年内に対GDP税収率15%目指す(10/22)

来月7日がディワリで国民の休日に(10/22)

国連特使、北部カチン州の難民キャンプ視察(10/22)

バガン伝統工芸の馬毛漆器、絶滅の危機(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン