• 印刷する

ネット情報漏えい、1億人で「特大事件」

中国工業情報省(工情省)はこのほど、インターネットのセキュリティーに関する「突発事件」への応急対応計画を発表した。1億人以上の個人情報が漏えいしたケースを「特別重大事件」と位置付けるなど、トラブルの規模によって4段階の対応マニュアルを定めた。

ネットセキュリティーに関するトラブルが生じた際は、規模が大きい順に「特別重大事件」「重大事件」「比較的大事件」「一般事件」の4段階で分類。それぞれに応じて「赤色」「オレンジ色」「黄色」「青色」の警報を発令し、政府当局や通信会社が対応に当たる。

このうち特別重大事件に分類されるのは◇全国規模でネットに正常なアクセスができなくなったケース◇1億人以上の個人情報が漏えいしたケース◇ウイルスが全国規模で拡散したケース——など。特別重大事件に対しては中央政府レベルの対策チームを組織し、関係各部門が24時間態勢で必要な措置を講じることなどを規定した。

このほか、情報漏えいの規模が1,000万~1億人は重大事件、100万~1,000万人は比較的大事件、10万~100万人は一般事件にそれぞれ分類。アクセス不能などのトラブルが複数の省(自治区、直轄市)にまたがる場合は重大事件、一つの省内の広い範囲に及ぶ場合は比較的大事件、一つの市内のトラブルであれば一般事件となる。

詳細は工情省のウェブサイト<http://www.miit.gov.cn/n1146290/n4388791/c5925936/content.html>で確認できる。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中国企業と組み信用評価にAI導入、BPI(17:35)

中央企業の賃金決定を柔軟に、新規定施行(16:43)

アフリカ市場の競合企業、中国が初の首位(01/17)

訪日香港人が7年ぶり減少 19年は「微増」の指摘も(01/17)

テイクオフ:広州市の中国茶販売店の…(01/17)

年度ボーナス平均7100元 前年から減少、景気減速を反映か(01/17)

資策会、華為製品を内部ネットワーク接続禁止(01/17)

来年9月に沖縄のホテル完成へ、EGL(01/17)

鉱工業生産の鈍化は「複合的要因」、工情省(01/17)

中国企業の海外投資、18年は4.2%増(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン