センチュリー、バタンガスにレジャー型住宅

フィリピンの不動産開発大手センチュリー・プロパティーズはこのほど、バタンガス州ナスブでレジャー・観光型の住宅を開発すると発表した。退職者やファミリー層などをターゲットにする。1戸当たりの販売価格は400万~1,740万ペソ(約879~3,825万円)。190億ペソの販売収入を見込…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産観光


その他記事

すべての文頭を開く

中国企業と組み信用評価にAI導入、BPI(17:35)

ATM代替アプリ、2年で取引額20億円超に(17:35)

テイクオフ:プールサイドで、アクシ…(01/17)

今年はPUV近代化を推進 陸運委、配車アプリの規制緩和も(01/17)

PUV近代化、民間銀行が資金提供前向き(01/17)

東南アの車生産、1~11月は8%増の403万台(01/17)

労組が全国の日額最賃上げ請願へ、最大740円(01/17)

マニラ湾の環境改善、違反は罰金1日42万円(01/17)

米ペイパル、国際顧客対応拠点開設へ(01/17)

16日為替:$1=52.130ペソ(↓)(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン