台湾銀、ドイツ銀と融資などで協力MOU

台湾公営の台湾銀行はこのほど、ドイツ大手金融機関のドイツ銀行と業務協力に関する覚書(MOU)を締結した。台湾銀は他行に比べて海外進出が遅れており、今回のMOUを契機に欧州での事業展開を進めたい考えだ。25日付工商時報が伝えた。

台湾銀の発表によると、ドイツ銀行との提携はシンジケートローンや自行融資関連での協業、デリバティブ商品の販売とリスク管理、債券業務など多項目にわたる。欧州に加え、北米やアジアなど60を超える国・地域をカバーするドイツ銀のネットワークを活用して海外展開を図る。

台湾銀は、預かり資産規模で台湾トップクラス。域内のシンジケートローン融資高でも台湾の代表的存在としての地位を示してきた。一方で海外は弱く、今後は公営銀行として経営の安定を維持しつつ、海外事業を行う台湾企業や台商(海外拠点の台湾企業・経営者)向け業務を強化したい考え。


関連国・地域: 台湾欧州
関連業種: 金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「台北の裏面も見ておい…(05/21)

通信・IoTは年5000人必要 国発会、今後3年の人材需給発表(05/21)

台湾の如興、ジーンズ2工場の新設計画(05/21)

鴻海・郭董事長、半導体の自社製造に意欲(05/21)

行政院長が張忠謀氏と会談、スマート社会実現で(05/21)

メッキのNAKARAI、台湾での薬剤販売が好調(05/21)

電動二輪の其易、印ヒーローモトコープと覚書(05/21)

統一企業がアルミパックの生産増強、年末稼働(05/21)

大同の増資計画、使途不明で株主が不認可要求(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン