10月新車販売、2%増の9万4千台

インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)は、10月の新車販売台数(ディーラーへの出荷ベース、確定値)が前年同月比2%増の9万4,352台だったと明らかにした。前月比では8%増。1~10月の累計台数は前年同期比3%増の89万8,163台となった。

10月は上位3メーカーが前年同月比で出荷台数を落とした。一方、日系メーカーでは、商用車も販売するスズキ、三菱自動車と日野自動車、いすゞは2桁増。それぞれ33%、45%、45%、70%増加した。

セグメント別でも小型トラック・バス、中型トラック・バス、大型トラックが好調で6~7割増えた。これに対し、シティーカーや小型多目的車(MPV)など、全体の74%を占めるセダン以外の乗用車は2%減。3カ月連続で前年同月の台数を下回った。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

タックスアローワンス、300業種に拡大へ(18:56)

ユニリーバ現地法人がスプレッド事業売却(17:59)

フリーポート株の買収額、50億ドル以下に(16:29)

統一地方選、27日に投票 野党が統一候補、大統領選占う(06/22)

【アジア三面記事】78歳の女性が妊娠か(06/22)

大統領選、現職はジャワ島で高支持率(06/22)

《インドネシア・ビジネス・セミナー》2019年大統領選とビジネス環境(06/22)

電気自動車の型式検査施設、官民協業で建設(06/22)

スマレコン、マカッサルに新興都市開発(06/22)

DIC、有機顔料の研究開発拠点を設置(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン