10月新車販売、2%増の9万4千台

インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)は、10月の新車販売台数(ディーラーへの出荷ベース、確定値)が前年同月比2%増の9万4,352台だったと明らかにした。前月比では8%増。1~10月の累計台数は前年同期比3%増の89万8,163台となった。

10月は上位3メーカーが前年同月比で出荷台数を落とした。一方、日系メーカーでは、商用車も販売するスズキ、三菱自動車と日野自動車、いすゞは2桁増。それぞれ33%、45%、45%、70%増加した。

セグメント別でも小型トラック・バス、中型トラック・バス、大型トラックが好調で6~7割増えた。これに対し、シティーカーや小型多目的車(MPV)など、全体の74%を占めるセダン以外の乗用車は2%減。3カ月連続で前年同月の台数を下回った。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:高度成長期の深刻な環境…(11/23)

日本の黒毛和牛を売り込み まずは認知、じっくり輸出拡大へ(11/23)

バイオ燃料の米出荷停止、新たな輸出先模索(11/23)

林業省、丸太の輸出解禁を検討(11/23)

空港鉄道、試験運行は12月初旬に延期(11/23)

海上輸送網、物価下落幅に応じ運航見直しも(11/23)

ガルーダ航空フェア、300万件の予約目標(11/23)

メダンでオートショー、26日まで開催(11/23)

ピルバラ太陽光発電計画、政府融資を申請(11/23)

三菱自、カラワン初の乗用車ディーラー開所(11/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン