• 印刷する

10月新車販売、2%増の9万4千台

インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)は、10月の新車販売台数(ディーラーへの出荷ベース、確定値)が前年同月比2%増の9万4,352台だったと明らかにした。前月比では8%増。1~10月の累計台数は前年同期比3%増の89万8,163台となった。

10月は上位3メーカーが前年同月比で出荷台数を落とした。一方、日系メーカーでは、商用車も販売するスズキ、三菱自動車と日野自動車、いすゞは2桁増。それぞれ33%、45%、45%、70%増加した。

セグメント別でも小型トラック・バス、中型トラック・バス、大型トラックが好調で6~7割増えた。これに対し、シティーカーや小型多目的車(MPV)など、全体の74%を占めるセダン以外の乗用車は2%減。3カ月連続で前年同月の台数を下回った。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

プラデルタ、アリババなどに用地販売か(16:13)

タイルの生産増加へ、セーフガードが追い風(15:58)

グラブ、インドネシアに攻勢 出前や旅行予約でサービス強化(12/14)

年末年始のトラック通行規制、大臣令を公布(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

亜鉛メッキ鋼板の年産能力、来年40万トンへ(12/14)

LPG製造スルヤ、アンモニア生産を倍増へ(12/14)

電通イージス、初の女性CEOが就任(12/14)

ゴーゴープリント、インドネシア企業買収(12/14)

BPバタムの運営権限、バタム市に委譲(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン