日立、インドでソリューション提供を強化

日立製作所は、インドでIT関連のソリューションの提供を強化する。9月に設立した新会社、日立ヴァンタラの事業をインドでも展開し、IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)を活用したデータ分析などを提供する。

日立ヴァンタラは、ストレージの製造・販売やクラウドサービスを提供してきた米国の日立データシステムズと、同社の子会社でビッグデータ分析を手掛けるペンタホが統合してできた新会社で、日立製作所の完全子会社。システムを最適に動かす運用技術(OT)と、IT技術を融合させたデジタルソリューションを提供し、拡大するIoT需要に対応する。

これに伴い、日立データシステムズのインド法人の名称も日立ヴァンタラに変更した。日立インドの担当者は「インドでのIoT関連投資は、生産効率の向上を狙う製造業が中心」と説明。「これまで、日立データシステムズはストレージなどのハードウエアの販売が中心だったが、今後はデータ分析などのソリューションも合わせて提供していく」と話した。


関連国・地域: インド日本
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

CKビルラ傘下、EV部品などに60億ルピー(18:05)

テイクオフ:お墨付きというものは、…(06/20)

EV普及は20年が加速地点 タタ配電、充電所など電力網強化(06/20)

住商が農薬の販社設立(06/20)

車メーカーの投資、今後2年で5800億ルピー(06/20)

ベンツ、新モデルを全てBS6対応に(06/20)

台湾ゴム材メーカー、印西部に工場設置計画(06/20)

トリンブル、自動操舵トラクターの発売計画(06/20)

米の冷凍食品メーカー、インド工場を計画(06/20)

【アジア労務データ集】消費者物価指数(166)(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン