PM2.5濃度17%減、北京周辺は横ばい=9月

中国環境保護省(環保省)が28日に発表した9月の大気汚染状況測定結果によると、地級市以上の全国338都市を対象とした微小粒子状物質「PM2.5」の平均濃度(1立方メートル当たり、以下同)は前年同月比16.7%減の30マイクログラムだった。うち大気汚染が特に深刻な京津冀地域(北京市、天津市、河北省)13都市は52マイクログラムで前年同月と同水準となっている。

粒子状物質「PM10」は6.2%減の60マイクログラム。環保省の測定基準で大気が「優良」となった日数が全体に占める割合は87.7%で、前年同月を2.2ポイント上回った。

地域別の優良日数の割合は、京津冀地域13都市が51.3%、長江デルタ地域25都市が86.0%、珠江デルタ地域9都市が70.7%。長江デルタ地域のみ8.0ポイントの上昇で、京津冀地域は14.1ポイント、珠江デルタ地域は11.1ポイントそれぞれ下落した。

主要74都市で大気汚染が深刻だったワースト3位は河北省ケイ台市(ケイ=刑のつくりがおおざと)、河北省石家荘市、山西省太原市。大気状況が比較的良好だった都市のベスト3位は海南省海口市、チベット自治区ラサ市、浙江省舟山市となった。

全国338都市の1~9月の大気汚染状況はPM2.5平均濃度が41マイクログラム、PM10が72マイクログラムで、それぞれ前年同期比2.4%、2.7%減少した。優良日数の割合は79.4%で、2.2ポイント下落した。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 経済一般・統計社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:東京に大雪警報が出た2…(01/24)

17年の訪韓外国人数22.7%減 THAADが東南アジア圏に影響(01/24)

家具の慕容控股、資金調達で南部工場増強(01/24)

日本車がドイツ勢を追い上げ シェア拡大、17年販売11%増(01/24)

米が太陽電池にセーフガード、中国が非難(01/24)

豪州、世界投資先順位でトップ10入り逃す(01/24)

車載用PCBの敬鵬、中国工場を拡張(01/24)

IMF、中国の成長見通しを上方修正(01/24)

今年の経済成長2.8%、IMF予測(01/24)

国有企業の純利益、17年は23.5%増(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン