テイクオフ:知らない番号から電話が…

知らない番号から電話が掛かってきた。シンガポールに住むようになってから使っている携帯電話の番号には時折、前の持ち主宛の電話が来るため無視を決め込んだ。コールがやんでから番号を検索してみると、当地で利用している銀行の番号だ。慌てていると、さらにショートメッセージサービス(SMS)を受信。「クレジットカードが不正に使われた疑いがあるため、一時的に機能を停止しました」とある。

どうしよう、旅行先でカード情報を盗まれたのだろうか――。心配しながら連絡すると「あなたのカードを使って日本のアマゾンで買い物が行われました」とのこと。間違いなく自分で購入したものだ。

人工知能(AI)などが活用されているのだろうか。少々心臓には悪いし、面倒なこともあるかもしれないが、犯罪を未然に防ぐためにも、こうしたシステムがより一層発達してほしいと感じる。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールで2度目の…(02/21)

ASEAN向けは15%減 日本の中古車輸出、緬の規制響く(02/21)

政府の経済政策、企業のイノベーション推進(02/21)

リー首相「経済政策は戦略的かつ包括的」(02/21)

【アジア労務データ集】失業率・就業者数(152)(02/21)

卸売り販売額、10~12月期は6%上昇(02/21)

東京都、シンガポール進出支援コースの募集(02/21)

NECの顔認証、OCBCでの試験導入で成果(02/21)

チワタイ、低層住宅重視で新規開発7件(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン