自動車産業の高度化促す=産業相

講演するインドネシアのアイルランガ産業相=17日、東京(NNA撮影)

講演するインドネシアのアイルランガ産業相=17日、東京(NNA撮影)

訪日中のインドネシアのアイルランガ産業相は17日、東京都内で講演し、インドネシアの自動車産業について、「付随するカーエレクトロニクス部品産業をさらに発展させながら、電子化や電動化を進め、自動車産業の高度化を図りたい」と語った。

アイルランガ産業相は日系メーカーがけん引する自動車産業について、直近では輸出が大幅に拡大したと評価した。電気自動車(EV)の生産割合を2025年までに20%に高める方針についても触れ、「環境に優しい自動車が必要だ」と述べた。ジャワ島西部に集中する自動車産業を東部などに分散させたいとも話したが、具体的な政策内容は明示しなかった。

投資環境については、中小企業も進出しやすいように手続きの簡素化などを図っていると述べた。

アイルランガ産業相は、経済産業省と日本貿易振興機構(ジェトロ)が主催したビジネスフォーラムで講演した。フォーラムではこのほか、産業省国際産業安全・アクセス開発局のハルジャント局長やジェトロの佐藤百合理事らが講演。民間企業も交え、製造業を軸とした産業発展の可能性についても議論が行われた。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車金融・保険社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ゴジェック、ゴーペイで電気料金支払い可能(16:43)

ブラックベリーの新製品発売、価格は7万円(15:52)

SUVをフルモデルチェンジ トヨタとダイハツ、ニーズ重視(11/24)

【アジア三面記事】俺の王国(11/24)

工業団地ブカシ・ファジャール、新ロゴ披露(11/24)

バタム市最低賃金、来年は352万ルピア(11/24)

東ジャワ州の2018年の最低賃金(11/24)

西ジャワ州の2018年の最低賃金(11/24)

バンテン州の2018年の最低賃金(11/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン