• 印刷する

9月の二輪販売2%減、3カ月ぶり前年割れ

インドネシア二輪車製造業者協会(AISI)によると、9月の二輪車販売台数(確定値、ディーラーへの出荷ベース)は前年同月比2%減の54万6,607台だった。

メーカー別の販売台数はスズキが6,823台で47%増。一方で全体の75%を占めるホンダが4%減で全体を押し下げた。1~9月の累計販売台数は前年同期比で0.3%減の434万台だった。

これに対し、輸出台数は4万2,005台で78%増となった。カワサキを除く4社が2桁以上の増加。ホンダは前年同月から7,000台以上増加し、輸出台数全体に占める割合が10%上昇した。1~9月の累計輸出台数は46%増の31万台だった。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

輸出入の電子システム、1月から一斉運用(12:29)

阪急阪神、プラザインドネシアと協力覚書(15:50)

ボゴール植物園、18日から営業再開(14:32)

テイクオフ:「もういくつ寝ると」ク…(12/19)

イオン、ゴジェックと提携 配送や電子決済などで客層拡大(12/19)

東急不動産の分譲マンション、来年1月販売(12/19)

JCB、国営マンディリ銀とクレカ発行(12/19)

東洋エンジ、日本触媒の石化プラント受注(12/19)

国際協力銀、石化大手に協調融資1.7億ドル(12/19)

三菱自、小型ピックアップを無償点検・修理(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン