日本とインド、LNG輸入で協力へ

インド政府は11日、液化天然ガス(LNG)の輸入に関して、取引や価格の柔軟性を高めるため、日本との協力覚書を交わすことを閣議決定したと発表した。

LNG供給契約で、船で運ばれてきたLNGを受け取る場所を指定する「仕向け地条項」の廃止や実際の需給を反映したLNGスポット価格の確立などが主な内容。世界最大のLNG輸入国である日本と4位のインドが協力することで、余剰分の転売などでより柔軟に対応できるようする。

地元紙ザ・ヒンズー(電子版)によると、プラダン石油・天然ガス相は、「日本とのスワップ契約が実現すれば、日本が輸入契約を結んでいるカタールからインドがLNGを直接輸入することが可能になり、輸送コストの削減につながる」と語った。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

ムンバイ、3360ヘクタール分を複合開発へ(14:28)

トヨタ、ヤリスの予約受付を開始(14:27)

テイクオフ:昨年度(2017年4月…(04/26)

3人制プロバスケリーグ発足 スポンサー収入、目標1000億円(04/26)

日本カーバイド、インド工場を減損処理(04/26)

MGがEV投入視野、西部でテスト走行(04/26)

ピレリ、西部初の総合ショールームを開設(04/26)

中古車シュリラム、昨年の取引300億ルピー(04/26)

家電クロンプトン、高級扇風機に期待大(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン