日本とインド、LNG輸入で協力へ

インド政府は11日、液化天然ガス(LNG)の輸入に関して、取引や価格の柔軟性を高めるため、日本との協力覚書を交わすことを閣議決定したと発表した。

LNG供給契約で、船で運ばれてきたLNGを受け取る場所を指定する「仕向け地条項」の廃止や実際の需給を反映したLNGスポット価格の確立などが主な内容。世界最大のLNG輸入国である日本と4位のインドが協力することで、余剰分の転売などでより柔軟に対応できるようする。

地元紙ザ・ヒンズー(電子版)によると、プラダン石油・天然ガス相は、「日本とのスワップ契約が実現すれば、日本が輸入契約を結んでいるカタールからインドがLNGを直接輸入することが可能になり、輸送コストの削減につながる」と語った。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドの住まいに決めた…(01/24)

17年の訪韓外国人数22.7%減 THAADが東南アジア圏に影響(01/24)

パタンジャリ、ECに参入 独自サイト設立、大手と連携も(01/24)

アショク、小型商用車の輸出5倍増目標(01/24)

車部品ルーカスTVS、EVモーター生産へ(01/24)

日商会頭がインド訪問、経済関係の発展を議論(01/24)

WEFの包括的成長指数、印は74カ国中62位(01/24)

投資先としての魅力、インドは世界5位(01/24)

インフラ基金の運用、まずは港湾と物流(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン