テイクオフ:海外で生活したことのあ…

海外で生活したことのある複数の韓国人から、当地より海外のほうが暮らしやすいという話しを聞いたことがある。教育、就職、仕事や生活する環境など、理由はさまざまだろう。

中学生の時、家族で韓国からオーストラリアに移民した知人がいる。現地の学校を卒業して市民権も取得したが、奥さんが韓国人ということもあり家での会話は韓国語。中学生の子供たちも韓国のドラマやアイドル、ファッションに興味を持っている。

一度は韓国を訪れたいという子供たちに、「他にもいい国はたくさんある」とつぶやく知人。今後韓国に戻りたいかとの質問にも、答えは「No」だった。オーストラリアでの気持ちにゆとりのある生活、暮らしやすさ、そして韓国の大気汚染も理由の一つだ。住みやすさを感じなくなっている韓国人もいる当地。この先どうなっていくのだろうか。(れ)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 経済一般・統計社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

東レが20年までに1兆W投資 韓国事業の売上高、8割増を目標(17:44)

韓国とインフラ向けODA交渉、年内調印へ(20:18)

新古里原発5・6号機、工事再開へ(15:17)

LGとクアルコム、次世代車技術開発で協業(17:44)

北朝鮮選手、平昌五輪に出場の可能性(17:36)

石油製品取引で規制緩和 蔚山と麗水を「オイルハブ」に(10/20)

韓銀が政策金利1.25%据え置き、16カ月連続(10/20)

韓国の成長見通し上方修正、中銀(10/20)

革新的な起業と社会的企業、政府が積極支援(10/20)

大企業のブランド使用料、公取委が対応へ(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン