• 印刷する

テイクオフ:「競争の激化?そんなも…

「競争の激化?そんなもの全然関係ないね」と豪語するのは、バンコクの高級和食店で料理長を務める知人。2017年度の日本食レストランの店舗数伸び率で、バンコク首都圏が09年の調査開始以降初めて減少したことを伝えた時に返された言葉だ。

1人当たりの客単価は3,000バーツ(約1万円)以上という設定ながら、店内は連日満員。日本直送の新鮮な素材を使った料理に加えて、注目を集めるのは彼のサービス精神。「アワビの真似しろって言われたら迷わずやるしね。店内はステージ、料理はエンターテインメントだから」と笑う。

今年開店してから瞬く間に店の口コミは広がり、タイの大手企業の役員や富裕層たちの御用達になっているとか。そんな彼の口癖は「良いものは、環境がどうであれ受け入れられる」。その法則は、どの業界にも通じると言えそうだ。(志)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

関西電力、帝人のタイ工場向けに熱電供給(02/22)

1月の自動車生産は8%増 国内向け好調、輸出用に減速感も(02/22)

1月の自動車輸出、1%減の8.2万台(02/22)

マルカキカイ、タイでの車部品輸出から撤退(02/22)

チェンマイのレッドライン、事業化調査開始(02/22)

スワンナプーム第2ターミナルの設計破棄へ(02/22)

中国能源、ウタパオ空港の発電事業に参画(02/22)

漢来美食、CPとタイに海鮮レストラン開業(02/22)

発電ラチャブリ、年内に最大920億円を投資(02/22)

タイオイル、23年までにユーロ5軽油を生産(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン