ダウェー特区開発停滞、打開へ対策委設置

ミャンマー南部タニンダーリ管区ダウェー経済特区(SEZ)の初期開発が遅れている問題で、商業省などで組織する対策委員会が新たに設けられ、タイのゼネコン大手イタリアンタイ・デベロップメント(ITD)に対し、資金調達の期限を定め、開発を続けられない場合は賠償金を求め…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

伸び堅調、中間層の旅行需要 ヤンゴンで国際観光エキスポ(上)(07/23)

FMIエア運休を発表、再開の可能性に含み(07/23)

【人事】シーアールイー取締役に小泉武宏氏ほか(07/23)

新空港計画、ヤンゴン既存空港側が疑問符(07/23)

【予定】23日 大島理森衆院議長が中国訪問ほか(07/23)

日本語学ぶ学生、進出企業と出会いの場(07/23)

【訃報】塙昭彦氏(元イトーヨーカ堂専務)(07/23)

ラカイン州、マウンドーに大学の分校を計画(07/23)

ロヒンギャ帰還には時間、国連機関(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン