• 印刷する

聯発科、18年にスマホ用AIチップ発売か

携帯端末向けIC設計世界大手の聯発科技(メディアテック)が、2018年にもスマートフォン用の人工知能(AI)チップを発売するもようだ。業界関係者によると、同社は既にスマホ用チップに内蔵するAIオペレーションユニットの設計を完了したという。20日付工商時報が伝えた。

聯発科は18年発売予定のチップ「ヘリオP70」に、初めて「ニューラルネットワーク・ビジュアル・プロセッシング・ユニット(NVPU)」と呼ばれるAI処理プロセッサを搭載するとみられる。同チップの製造は、ファウンドリー(半導体の受託製造)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が12ナノメートルプロセスで担い、来年上半期(1~6月)に生産を開始する予定。

業界関係者は「ヘリオP70はスマート端末のAI市場参入の試金石となる。来年以降はさらに多くのスマホ用チップにNVPUが搭載される見通しで、AIが聯発科の新たな成長エンジンとなる可能性もある」と指摘している。

AIをめぐっては既に、米インテルやGPU世界大手のエヌビディアなどがディープラーニングなどでAIの部分的な応用を積極化。スマホなど最終端末の分野ではチップ企業がAI対応製品を打ち出し始めており、中国・華為技術(ファーウェイ)傘下の半導体メーカー、深セン市海思半導体は先ごろ、AI処理を行う専用プロセッサ「NPU」を内蔵したシステム・オン・チップ(SoC)「キリン970」を発表した。


関連国・地域: 台湾
関連業種: その他製造IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「まあ、気にすんな」。…(12/10)

11月輸出がプラス回復 米中向け好調、電子も伸び(12/10)

通信5社、20年は5G設備に計300億元投入(12/10)

台湾系主導のタンタビン工業団地、開発進む(12/10)

バスの電動化、経済効果1700億元目指す(12/10)

来年の可塑剤市場、南亜と聯成で見方割れる(12/10)

木材資源を二次元コードで管理、農業委(12/10)

佳世達の透析事業売上高、3年後に50億元(12/10)

健保医療費、20年は5%増の7526億元へ(12/10)

カルフール総経理、20年の小売景気を慎重視(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン