シングテル、18年にADSLサービス終了

シンガポール通信最大手のシンガポール・テレコム(シングテル)は11日、従来の電話回線を使ったADSL(非対称デジタル加入者線)サービスを2018年に終了すると発表した。

シングテルは20年近く前から同サービスを提供してきたが、光ファイバー通信に切り替えるため、2013年12月から新築住宅で銅線を使った電話回線の敷設を中止するなどして、ADSL事業の規模を縮小してきた。18年の早い時期に全てのADSLサービスの提供を中止する。

これに伴い、18年4月以降に仮占有許可(TOP)を取得した商業ビルでは、従来の銅線を使った電話回線に代わって光ファイバー網を利用した固定電話サービスを提供する。

シングテルによると、ADSLや光ファイバーなどを合わせた固定ブロードバンドの加入者数は6月末時点で6万1,300件。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 経済一般・統計IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

翠華、シンガポールに海外1号店開業(20:42)

テイクオフ:シンガポール中心部にあ…(06/20)

テイクオフ:マレーシアで、オースト…(06/20)

国内質店数が過去10年で2倍 競争激化、大手3社が半数占める(06/20)

華僑銀、大湾区での利益を5年で2倍へ(06/20)

SPグループ、国内500カ所にEV充電設備(06/20)

飲食店の衛生評価、20年後半に新制度導入(06/20)

KFC、きょうからストローの提供中止(06/20)

ホービーランド、ロンドン金融街のビル取得(06/20)

A―Hトラスト、大阪のホテル3軒取得(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン