テイクオフ:インドネシアで電子マネ…

インドネシアで電子マネーが一気に普及するかもしれない。政府が来月末までに首都圏の高速道路料金所をキャッシュレス化する目標を掲げ、料金所ごとに導入日程を発表したからだ。

現金で料金を支払っていた人は、5銀行が発行するいずれかの電子マネーを利用しなければならなくなる。道路公団は、完全施行するためには少なくとも150万枚の電子マネーカードを販売する必要があると試算する。銀行は割引価格でカードを販売するなどPR活動に余念がない。

あと1カ月と少しの周知期間だけで実施とは、いささか無謀な気もする。電子マネーを持たずに、料金所に突き進んでしまったら、通行できずに立ち往生なんてことに……。いや、きっと大丈夫。当地では有料道路の路上で行商する人をよく見かける。そのうち料金所付近で電子マネーカードを売る姿がみられるかも。(麻)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

警察などが反対、首都知事の二輪規制撤廃案(11/17)

トヨタ10月販売、12%増のMPVがけん引(11/17)

プリーポートの積み出し港の工場で火災(11/17)

西鉄が分譲アパートに参画 ジャカルタ東郊、地場と合弁(11/17)

ダイハツ、1~10月の小売りシェアは18%(11/17)

国内ハッチバック販売、依然として苦戦続く(11/17)

三菱日立パワー、チレボン発電所拡張に着手(11/17)

パンライン病院、北東部インレー湖畔に医院(11/17)

【アジア三面記事】男やもめ求む(11/17)

エネ鉱省、IPPの電力価格見直しを要請(11/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン