サービス浸透、モラル向上がカギ 存在感増すシェアエコノミー(上)

民泊大手のエアビーアンドビー(Airbnb)や、配車アプリサービスの「ウーバー」「グラブ」など、マレーシアでも近年、シェアリングエコノミー(共有型経済)型事業モデルが存在感を増している。一方で、交通機関での器物損壊などもたびたび発生しており、公共の場でのモラルやマナ…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 経済一般・統計商業・サービス


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:長野県生まれだが、故郷…(02/21)

総選挙日程に熱視線 融和か盤石の勝利か、区割り焦点(02/21)

総選挙、期日前投票の登録受け付け開始(02/21)

RM=27.4円、$=3.90RM(20日)(02/21)

ランヒル、タイで水処理施設の改修を受注(02/21)

ロハス、電力テナガから送電網2事業を受注(02/21)

ゴム手袋輸出が過去最高、世界で6割がマ製(02/21)

REIT業界、今年の利益成長率は6%(02/21)

消費財キノ、マレーシア企業と合弁2社設立(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン