8月消費者心理指数、7カ月ぶり下落

韓国銀行(中央銀行)が25日発表した2017年8月の消費者動向調査によると、景気に対する消費者の心理を総合的に示す消費者心理指数は前の月と比べて1.3ポイント下がり、109.9だった。基準値である100は超えたものの、今年1月以来、7カ月ぶりの下落となった。韓国政府が今月発表し…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

18年連続で満足度1位、韓国富士ゼロックス(16:17)

地場中堅VINE、大阪のホテル運営権取得(14:51)

テイクオフ:このところ、消費生活が…(10/16)

中小企業の海外投資が急増 内需低迷、雇用減加速に懸念(10/16)

9月失業率3.6%、0.3P悪化=統計庁(10/16)

韓国路線好調のベトジェット、新路線開設へ(10/16)

SKが中国事業を加速、「第2の内需」に(10/16)

愛敬グループ、創業家の支配力が強固に(10/16)

当面は高級車に注力、起亜自の現法社長(10/16)

LGU+とLS、農業分野で5Gを活用(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン