韓国航空大手2社、2Qの営業益伸び

韓国航空大手2社の2017年4~6月期の連結決算は、本業のもうけを示す営業利益がそろって増加した。飛び石連休があった5月に国内からのアウトバウンド需要が高まったことが影響した。一方、ウォン高による為替差損などにより、最終損益はともに赤字だった。

大韓航空の営業利益は1,728億ウォン(約164億円)と8.5%増加した。在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備決定を背景に中国路線は不振だったが、欧州や東南アジア路線が好調だった。売上高も2兆9,052億ウォンで3.1%増加した。ただ、最終損益は2,003億ウォンの赤字を計上した。

アシアナ航空の営業利益は428億ウォンで48.7%増と急伸した。四半期ベースでは6年ぶりの高水準。売上高も1兆4,919億ウォンと8.5%増だった。一方、最終損益は748億ウォンの赤字となった。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 経済一般・統計運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

「有事の際はソウル脱出を」 聖学院大の宮本悟教授が助言(12/15)

11月の輸入物価指数、3.9%上昇(12/15)

ディスプレーや半導体、中国の攻勢で打撃(12/15)

2017年の貿易額、3年ぶり1兆ドル突破(12/15)

産銀、ICBCと5億米ドルの通貨スワップ(12/15)

日韓銀行、分散台帳技術活用の送金テスト(12/15)

企画財政省「市場を鋭意注視」、米利上げで(12/15)

韓国MBG、ベトナムにLED照明輸出へ(12/15)

科技庁とサムスン、肝臓がん研究で提携(12/15)

ネイバーラボ、ロボット技術の公開へ(12/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン