テイクオフ:夕方の出先で、カメラを…

夕方の出先で、カメラを提げた集団がバス停にたむろしているのを見つけた。何事かと近づくと、バス停には「告別『白板車』排隊」の張り紙。鉄道ファンならぬバスファンによる何かのイベントらしい。

地元紙が翌日、写真付きで事の次第を伝えていた。「白板車」は1988年に登場した2階建てバス。車体の色からこの愛称が付いた。しかし車高が高く乗降が不便だった上、新車両の投入で台数は徐々に減少、その日が最後の運行だったという。ラスト1台はターミナルでファン500人以上に囲まれ、定刻を15分ほどオーバーして九龍駅へ向け出発。その歴史に幕を下ろした。

ただの公共交通機関の世代交代……と言うなかれ、これまで香港の風景を彩ってきた要素の一つ。時期的にセンチメンタルになっているのか、今後どこかで展示があれば「お疲れ様」と一言かけてあげたい気分である。(亀)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【香港に寄り添って】香港の現代史こそ自分史 旧満州生まれの横浜育ち(07/21)

香港で販売のファンド、資産残高5%増(07/21)

2Qの投資家心理横ばい、JPモルガン(07/21)

9日続伸、不動産銘柄が活発=香港株式(07/21)

6月のCPI上昇率1.9%、0.1P下落(07/21)

香港訪問客は20年に6600万人へ、CLSA(07/21)

遠東金融の高級オフィス、過去最高額で成約(07/21)

ホテルの世紀城市、欧米進出に照準(07/21)

香港の店舗賃料下落「底到達」、周大福(07/21)

宝飾販売の六福、4~6月は既存店5%増収(07/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン