HCM市の出生率1.45、当局が引き上げ促す

ホーチミン市人口・家族計画局よると、同市の2015年の合計特殊出生率は1.45だった。ベトナムの人口が増減しない人口置換水準の出生率となる2.1から大きく下回る。7日付ベトナム・ニュース(VNS)が伝えた。 また南部地域やメコンデルタ地域の13省の出生率は1.8や1.9で、両地域…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 経済一般・統計


その他記事

すべての文頭を開く

年末商戦、EC各社が先陣 小売店ではセールの足並み揃わず(12/12)

11月の輸入車、中国が2700台でトップ(12/12)

チュオンハイ、東南ア最大のバス工場完成(12/12)

フォルクスワーゲン、ダナンに販売店開設(12/12)

ホンダ、バイク3車種の新モデル発売(12/12)

ビンズオン省の高速、一部にLED街灯設置(12/12)

富士エンジ、ハナム省サービスアパート完成(12/12)

1~11月の外国直接投資、インフラが4割(12/12)

韓国ロック&ロック、100大ブランドに選定(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン