HCM市の出生率1.45、当局が引き上げ促す

ホーチミン市人口・家族計画局よると、同市の2015年の合計特殊出生率は1.45だった。ベトナムの人口が増減しない人口置換水準の出生率となる2.1から大きく下回る。7日付ベトナム・ニュース(VNS)が伝えた。 また南部地域やメコンデルタ地域の13省の出生率は1.8や1.9で、両地域…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ASEANシフトは複合要因か 米中貿易戦争の影響は(19:18)

サンミゲル食品、一般株主比率30%に(18:40)

ベトナムのTPP採択、カンボジアに影響も(16:48)

教育のFDI拡大に追い風 新政令で規制緩和、関心高まる(11/14)

10月の自動車販売、32%増の2.9万台(11/14)

ホーチミン市でデング熱が急増(11/14)

フォード、10月の販売数は12%増の2574台(11/14)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(342)(11/14)

タクシーの統一ブランドG7、ハノイで誕生(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン