HCM市の出生率1.45、当局が引き上げ促す

ホーチミン市人口・家族計画局よると、同市の2015年の合計特殊出生率は1.45だった。ベトナムの人口が増減しない人口置換水準の出生率となる2.1から大きく下回る。7日付ベトナム・ニュース(VNS)が伝えた。 また南部地域やメコンデルタ地域の13省の出生率は1.8や1.9で、両地域…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 経済一般・統計


その他記事

すべての文頭を開く

小学生の保護者向けPR、日本企業が支援(02/19)

インフラコとサンシープ、越で太陽光発電事業(02/19)

【アジア三面記事】ミルクがこぼれるコーヒーショップ(02/16)

保険IAG、アジア事業の売却を検討(02/16)

日系ブランド車はシェア79% ASEAN、中国の影響見られず(02/15)

有望ランク後退も満足度は上昇=JBIC(02/15)

ベトテル系携帯マイテル、月末にSIM発売(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン