香港企業の再編・清算増加へ、デロイト

米系大手会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツ中国の華南地区担当マネジングパートナー、黎嘉恩(デリック・ライ)氏はこのほど、今年の市況は前年よりさらに悪いとして、「今後は香港企業の再編・清算案件の増加が避けられない」との見方を示した。19日付明報が伝えた。

黎氏は、企業の再編・清算件数が増えると同時に、個別案件の規模が例年に比べて大きくなっているとも指摘。過去の案件は債務規模が数億HKドル程度だったのに対して、近年は最小でも数十億HKドル規模に達していると説明した。債権者の構造も複雑化しており、現在関わっている案件では中国本土と香港の債権者双方の異なる利益が絡むものがあるなど、処理が難しくなっていると述べた。

さらに中国の現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」政策が推進される中で、香港企業は以前に比べて良い買い手を見つけづらくなっているとも分析。本土資金の流入先が一帯一路沿線国・地域に移行している現状を説明した。


関連国・地域: 中国香港
関連業種: 経済一般・統計金融・保険商業・サービス政治

その他記事

すべての文頭を開く

スタバ、利園3期に旗艦店オープン(19:53)

輸出指数が7年ぶり高水準 米中通商問題も楽観視大半(06/22)

大湾区計画の発表、再びずれ込みか(06/22)

5月のCPI上昇率2.1%、0.2P拡大(06/22)

IT5社の談合疑惑、審裁処で聴聞始まる(06/22)

HIBORに先高感、1カ月物は2%も(06/22)

反落、6カ月ぶり低水準に=香港株式(06/22)

奇華餅家が香港工場拡張、生産5割増強へ(06/22)

おにぎりの華御結、2年後に香港200店へ(06/22)

茘枝角をファッションハブに、羅氏集団(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン