ニコン、バンガロールに産業機器の展示施設

ニコン・インディアがバンガロールに設置した技術拠点の内部の様子(同社提供)

ニコン・インディアがバンガロールに設置した技術拠点の内部の様子(同社提供)

ニコンは19日、インドの南部カルナタカ州バンガロール(ベンガルール)に産業機器の展示拠点を開設した。これまでは顧客となる自動車関連メーカーに対して、北部ハリヤナ州グルガオンに置く現地法人の本社で自社製品を紹介していたが、南部にも同様の施設を置き、需要を開拓する。インドでの産業機器の売り上げを向こう3〜5年で現行比3倍に引き上げる。

現地法人ニコン・インディアが商業ビル内に「ベンガルール・テクニカル・センター」を設置した。3次元の非接触の測定器3点、2次元の測定器3点を置いた。製品のデモやサンプル評価を実施する。営業で1人、エンジニア関連で1人を配置した。代理店である地場企業を通じて販売する。

バンガロールや南部タミルナド州チェンナイでは、トヨタ自動車や日産自動車などが工場を操業。自動車関連メーカーも多く進出している。

ニコンは半導体事業の黒字化のめどが立たず、カメラを含む映像事業の市場縮小などが経営に影響。2016年から19年まで人員削減を含む構造改革を進めている。今後は成長戦略の1つとして産業機器事業を強化する方針を掲げており、今回の取り組みはその一環でもある。

16年度(16年4月〜17年3月)連結決算は、産業機器を含むインストルメンツ事業の売上高が734億4,900万円と、まだ全体の約1割にとどまる。ニコンは同事業で、将来的に売上規模1,000億円を目指す考えだ。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 製造一般

その他記事

すべての文頭を開く

ITインフォシス、シッカCEOが辞任(08/18)

ラジャスタン州政府、製油事業で国営と合弁(08/18)

VW、環境裁にリコールの工程表提出(08/18)

二輪ロイヤルが海外展開加速 店舗倍増、伝統のデザインで勝負(08/18)

スズキ、セダン「シアズ」の新モデル発売(08/18)

タタグループ、「インドEV市場に高い関心」(08/18)

鉄鋼タタ、本年度の販売量は前年割れ(08/18)

商船三井、西部のLNGターミナルに出資か(08/18)

ペトロナス、石油公社のLNG基地に関心(08/18)

石炭公社の設備投資、17年度は850億ルピー(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン