テイクオフ:だいぶシングリッシュが…

だいぶシングリッシュが上達してきたように思う。マレー語や福建語由来の単語はまだまだ分からないものの、英単語を使った独特の表現やアクセントは覚えてきた。

「これ、お願いできる?」には「きゃんあ?」、「できない?」には「きゃのっと?」。カフェやお店で目当ての商品が売り切れていたときは、店員さんも聞き返す自分も「どんとはーぶ」。「ごめんね」との謝罪にも「そーりーあ」と、日本語の語尾に使う「ね」のようなニュアンスが加わる。慣れないうちは強い違和感を感じたが、あまりの便利さに最近は多用している。

面白いことに、シンガポール滞在歴がそれなりに長い英語圏以外の外国人が集まると、多くがすらすらとシングリッシュで話し始める。「きゃんあ?」「きゃーん」。難しすぎず、親しみやすい共通言語。英語もシングリッシュも極めたいと思う。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールで2度目の…(02/21)

ASEAN向けは15%減 日本の中古車輸出、緬の規制響く(02/21)

政府の経済政策、企業のイノベーション推進(02/21)

リー首相「経済政策は戦略的かつ包括的」(02/21)

【アジア労務データ集】失業率・就業者数(152)(02/21)

卸売り販売額、10~12月期は6%上昇(02/21)

東京都、シンガポール進出支援コースの募集(02/21)

NECの顔認証、OCBCでの試験導入で成果(02/21)

チワタイ、低層住宅重視で新規開発7件(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン