• 印刷する

C919の受注600機に、中国商用飛機

上海市に本拠を置く中国旅客機メーカーの中国商用飛機(COMAC)は13日、光大金融祖賃との間で中国初の国産中型ジェット旅客機「C919」30機の売買契約を交わした。C919の受注機数はこれにより600機に達した。新華社電が伝えた。

光大金融祖賃の親会社である光大銀行の張金良頭取は、将来的には中国商用飛機と海外市場開拓などで幅広く提携していきたいと語った。

C919は、国務院が2007年2月に国産ジェット機を製造する目標を打ち出し、開発がスタート。15年11月には1号機がラインオフ、今年5月にテスト飛行を行った。商用化は2~3年後になる見通し。これまでに中国東方航空や中国国際航空、中国南方航空といった国内エアラインのほか、ドイツやタイの航空会社からも受注済み。航空会社のほかにもGEキャピタル・アビエーション・サービスや工銀金融租賃など国内外のリース会社も主要顧客となっている。


関連国・地域: 中国-上海
関連業種: その他製造運輸

その他記事

すべての文頭を開く

プラデルタ、アリババなどに事業用地販売か(12/14)

パキスタン、外資は利益拡大 首相顧問が日本で投資誘致(12/14)

グラブ、インドネシアに攻勢 出前や旅行予約でサービス強化(12/14)

サービス業で高い採用意欲 本土客増で、不動産は慎重(12/14)

【改革開放40年】(1)開かれた扉 黎明期の日本企業と日本人(12/14)

商務省、中国の越境EC会社と提携(12/14)

米中貿易戦争、「日台半導体メーカーに商機」(12/14)

外資系の香港拠点、日本が首位陥落(12/14)

商務省、米国車の関税など「近く公表」(12/14)

聯華電子が生産能力拡張、274億元投資(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン