日タイ合弁で沿線開発を加速 アナンダと三井不、今年は9物件

タイの住宅開発大手アナンダ・デベロップメントは14日、首都バンコクで5件のコンドミニアム(分譲マンション)開発に着手すると発表した。いずれも三井不動産との合弁事業で、鉄道沿線に建設する。総戸数は4,000戸弱。販売総額は217億バーツ(約705億円)を見込む。年内にさらに合…

関連国・地域: タイ日本
関連業種: 金融・保険建設・不動産運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:修学旅行で乗車したバス…(12/13)

【SET企業の戦略】水産の巨人TU、中国に挑戦 アリババと組んで販路を構築(12/13)

パナが電池生産10%増強、10億円超を投資へ(12/13)

イオン、家具合弁会社の株保有率引き下げ(12/13)

自動車展の受注台数、23%増の約4万台(12/13)

プラEPG、豪トラック部品ディーラー買収(12/13)

PTTEP、大学とビーチ清掃ロボット開発(12/13)

給油所サスコ、3年後に300店体制目指す(12/13)

物流JWD、20年までに年商170億円目標(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン