• 印刷する

日本が支援、カチンとチンに道路建設機材

日本の国際協力機構(JICA)はミャンマー北部カチン州と北西部チン州で、無償資金協力として行う道路建設機材の引き渡し式を開いた。道路整備を促し、社会経済の活性化や地域住民の生活向上を後押しする。

北部カチン州の州都ミッチーナと北西部チン州の州都ハカで、ブルドーザーやダンプトラックといった道路建設用機材の引き渡し式を開催、ウィン・カイン建設相や樋口建史大使らが出席した。無償資金の供与限度額27億4,000万円で、2015年10月に贈与契約を結んでいた。

2州では道路整備が他の地域より遅れ、豪雨による道路崩壊や地滑りなどの土砂災害、橋の流失などが多数発生している。州都と他の都市を結ぶ幹線道路も劣悪な状態で、住民の公共サービスへのアクセスや物流を支える道路整備が喫緊の課題となっている。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ベトナム系配車が東南ア展開 ファストゴー「21年に域内3位」(08/23)

テイクオフ:以前に住んでいたミャン…(08/23)

ロヒンギャ帰還実現せず、準備完了も安全懸念(08/23)

ムセーマンダレー鉄道の路線を選定、国鉄(08/23)

ヤンゴン新都市、2事業でタイと印企業選定(08/23)

貿易赤字が前年同期比で6割減、7月まで(08/23)

ヤンゴン空港に24時間営業の高級ラウンジ(08/23)

縫製品CMP輸出額、現時点で38億米ドル超(08/23)

韓国への漁業労働者派遣を開始、まず20人(08/23)

ミャンマー不動産サイト、300万ドルを調達(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン