• 印刷する

中国長者番付、過去10年で顔ぶれ一変

中国経済誌の「新財富」は9日、2017年の中国長者番付を発表した。1位は不動産系コングロマリット(複合企業)の大連万達集団(万達集団)の王健林董事長と長男・王思聡取締役で、推定資産は1,794億3,000万元(約2兆9,500億円)だった。ランキング上位10位のうち不動産関連企業は万達集団と7位の中国泛海控股集団(中国泛海)の2社のみで、10年前の7社から急減した。経済情報サイトの全景網が9日伝えた。

2位は電子商取引(EC)中国最大手である阿里巴巴集団(アリババ)の馬雲(ジャック・マー)会長で、推定資産は1,562億6,000万元。3位以下は、運送中国最大手である順豊速運(集団)の王衛会長(1,504億5,000万元)、インターネットサービス中国大手の騰訊(テンセント)の馬化騰会長(1,411億2,000万元)などとなった。

上位10位のうちインターネット関連会社は5社。07年は長者番付上位10位にインターネット関連会社は入っていなかった。

中国富豪ランキング上位500人の推定資産総額は7兆8,900億元だった。前年比では1.6%減となったが、07年比では約6倍に膨れた。このうち推定資産が100億元以上の富豪は276人で、07年(15人)から急増した。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ハンセン銀、「大湾区」向け投資拡大へ(00:41)

1月の新築住宅価格、上昇は58都市に減少(02/22)

ECRL交渉、中国高官がマレーシア訪問へ(02/22)

パンダ債発行で中国と交渉中=財務相(02/22)

折り畳みスマホ、100万台販売目標=サムスン(02/22)

サムスン、折り畳みスマホ発表 大手では初、4月に発売へ(02/22)

大湾区綱要のシンポ開催 構想の可能性や取り組みを説明(02/22)

「じゃぶじゃぶの金融緩和」否定、李首相(02/22)

東莞の固定資産投資、5年で1兆元規模へ(02/22)

所得拡大に目標値、約20省区市が設定(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン