テイクオフ:フィンテック(ITを活…

フィンテック(ITを活用した革新的な金融サービス)のハブを目指すシンガポールは、キャッシュレス化が進んでいる。地場の電子決済機関NETSやクレジットカード各社は、読み取り機にかざすだけで、暗証番号の入力やサインが不要な決済方法を早くから導入している。さらに昨年には、米アップル、グーグルなどが相次いで、モバイル決済サービス「アップルペイ」「アンドロイドペイ」などをローンチした。

先日、会社近くの八百屋では3Sドル(約240円)のフルーツでさえ電子決済で購入できることに気がついた。なんだか現金と重い財布を持ち歩くのがばからしく感じ、この1週間はクレジットカードと交通系ICカードだけで生活している。

結果は上々。かばんが軽くなり気分爽快。ただ、財布という行き場を失ったレシートが、かばんの中に散乱している。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信金融・保険社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

国際物流の域内ハブに 阪急阪神、大型物流施設の開所式(06/23)

東洋ライス、独自加工の玄米の販売本格化(06/23)

【アジア三面記事】運がいいのか悪いのか(06/23)

米の紅茶飲料メーカー、2氏とコンサル契約(06/23)

ビダダリの開発用地、SPH・鹿島連合が落札(06/23)

ホービーランド、ロンドンのオフィスビル取得(06/23)

中小企業の景況感、4~6月は引き続き改善(06/23)

17年の成長率見通し2.7%=英会計士協会(06/23)

税務情報交換、2つの多国間協定に調印(06/23)

ふくおかFG、共用オフィス相互利用で提携(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン