テイクオフ:ジャカルタから北に飛行…

ジャカルタから北に飛行機で1時間。スマトラ島とカリマンタン島に挟まれた小さな島、ブリトゥン島は、19日のジャカルタ特別州知事選の決選投票で落選したバスキ(通称アホック)知事の故郷でもある。新興観光地として近年リゾート開発の機運が高まっているが、近代的な施設や交通機関は少ない。海に囲まれたのどかな島だ。

島は、小説『ラスカル・プランギ』の舞台となり一躍有名となったが、空港やホテル、ビーチが多いのは西部。東部は小説関連の観光地があるくらいだ。

東部で主な名所となっているのが、知事の実家の正面に作られた「アホック村」。先の週末は連休ともあって盛況だったが、投票日直前にもかかわらず、村を挙げて知事を応援する動きは見られなかった。庭先の小屋にかかっていた雨ざらしの知事の応援幕に哀愁を感じたことを、ジャカルタで開票速報を見ながら、ふと思い出した。(希)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ジャカルタの地盤沈下を抑制 JICA、3年間の無償技術協力(07/28)

SOMPO、インドモービルと自動車修理事業(07/28)

工業団地内に有名大学院、産学が連携(07/28)

複合アストラ、上半期は2桁の増収増益(07/28)

大統領、高速鉄道事業のリスク軽減を指示(07/28)

首都空港第4ターミナル、10兆ルピア投資へ(07/28)

エアアジア、来年に域内2国の傘下企業上場(07/28)

国営ペリンド3、コンテナ目標取扱量6%増(07/28)

高速道路30区間、事業者が建設提案(07/28)

富士通、デジタル産業で国営通信と協力(07/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン