テイクオフ:ジャカルタから北に飛行…

ジャカルタから北に飛行機で1時間。スマトラ島とカリマンタン島に挟まれた小さな島、ブリトゥン島は、19日のジャカルタ特別州知事選の決選投票で落選したバスキ(通称アホック)知事の故郷でもある。新興観光地として近年リゾート開発の機運が高まっているが、近代的な施設や交通機関は少ない。海に囲まれたのどかな島だ。

島は、小説『ラスカル・プランギ』の舞台となり一躍有名となったが、空港やホテル、ビーチが多いのは西部。東部は小説関連の観光地があるくらいだ。

東部で主な名所となっているのが、知事の実家の正面に作られた「アホック村」。先の週末は連休ともあって盛況だったが、投票日直前にもかかわらず、村を挙げて知事を応援する動きは見られなかった。庭先の小屋にかかっていた雨ざらしの知事の応援幕に哀愁を感じたことを、ジャカルタで開票速報を見ながら、ふと思い出した。(希)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先日、出張先の東京から…(01/24)

17年の訪韓外国人数22.7%減 THAADが東南アジア圏に影響(01/24)

ブラザー、2月に新商品発売 プリンターなど法人向け販売強化(01/24)

ジャワ島西部でM6.1の地震、首都でも揺れ(01/24)

株価指数6600台突破、6営業日連続で最高値(01/24)

今年中盤からは緩やかなルピア安=みずほ銀(01/24)

ダイハツ、17年通年の小売りシェアは17%(01/24)

インドネ国営メーカーに2編成発注、国鉄(01/24)

三菱自、エクスパンダーの月産台数引き上げ(01/24)

不動産情報サイト99.co、インドネシア同業買収(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン