テイクオフ:ジャカルタから北に飛行…

ジャカルタから北に飛行機で1時間。スマトラ島とカリマンタン島に挟まれた小さな島、ブリトゥン島は、19日のジャカルタ特別州知事選の決選投票で落選したバスキ(通称アホック)知事の故郷でもある。新興観光地として近年リゾート開発の機運が高まっているが、近代的な施設や交通機関は少ない。海に囲まれたのどかな島だ。

島は、小説『ラスカル・プランギ』の舞台となり一躍有名となったが、空港やホテル、ビーチが多いのは西部。東部は小説関連の観光地があるくらいだ。

東部で主な名所となっているのが、知事の実家の正面に作られた「アホック村」。先の週末は連休ともあって盛況だったが、投票日直前にもかかわらず、村を挙げて知事を応援する動きは見られなかった。庭先の小屋にかかっていた雨ざらしの知事の応援幕に哀愁を感じたことを、ジャカルタで開票速報を見ながら、ふと思い出した。(希)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【書籍ランキング】11月2日~11月8日(11/20)

テイクオフ:世界中で見かけるトイレ…(11/20)

国産コーヒー豆の輸出を推進 国内の生産体制、再構築が課題に(11/20)

トヨタ10月販売、12%増のMPVがけん引(11/20)

ガルーダ航空、ジャカルタ―バタム線を増便(11/20)

上組、GIICに第2倉庫建設(11/20)

首都空港スカイトレイン、17日に全面開通(11/20)

警察などが反対、首都知事の二輪規制撤廃案(11/20)

ジャワ高速鉄道、月内に日本と方向性固める(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン