テイクオフ:ベンジャミン・バトラー…

ベンジャミン・バトラーさんという、香港在住の英国人未来学者がいる。投資銀行やヘッジファンドで働いていた時に投資家向けに将来起こりうるリスクを予測し、的中したことから独立した。英国の欧州連合(EU)離脱や米トランプ政権の誕生を予測しており、かの売れっ子政治学者、イアン・ブレマー氏よりも的中率は高いかもしれない。

そのバトラーさんは、2年前に5~10年以内に朝鮮半島が統一に向かう最初の出来事が起こると予測した。トランプ氏については、半島の今後を左右する「ワイルドカード」になった最初の米大統領とみており、外交交渉を有利に展開するため「予測不可能な状況を意図的に作り出している」と分析。中国がその気になれば、金正恩委員長の亡命も何年後かにはありうるという。

楽観的にも聞こえるが、今の不安を乗り越える力にはなりそうだ。(碩)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 経済一般・統計

その他記事

すべての文頭を開く

開城工団の操業再開を提案か、首脳会談で(15:34)

車の安全旋回部品、現代モービスが開発(17:03)

5G技術で世界に発信、南北首脳会談(18:25)

ブロックチェーン事業を本格化、SKT(18:25)

SKハイニックス、1Qの営業利益は8割増(18:25)

ソウル路線の利用促進へ、仙台空港が覚書(18:28)

CJオーショッピング、東欧同業を買収へ(18:25)

SBベンチャーズ、中古取引社に45億W出資(18:28)

テイクオフ:韓国の公教育は崩壊した…(04/24)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン