テイクオフ:ベンジャミン・バトラー…

ベンジャミン・バトラーさんという、香港在住の英国人未来学者がいる。投資銀行やヘッジファンドで働いていた時に投資家向けに将来起こりうるリスクを予測し、的中したことから独立した。英国の欧州連合(EU)離脱や米トランプ政権の誕生を予測しており、かの売れっ子政治学者、イアン・ブレマー氏よりも的中率は高いかもしれない。

そのバトラーさんは、2年前に5~10年以内に朝鮮半島が統一に向かう最初の出来事が起こると予測した。トランプ氏については、半島の今後を左右する「ワイルドカード」になった最初の米大統領とみており、外交交渉を有利に展開するため「予測不可能な状況を意図的に作り出している」と分析。中国がその気になれば、金正恩委員長の亡命も何年後かにはありうるという。

楽観的にも聞こえるが、今の不安を乗り越える力にはなりそうだ。(碩)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 経済一般・統計

その他記事

すべての文頭を開く

米産などのスチレン、AD措置を正式決定(06/22)

米ロボット開発企業に出資、LG電子(06/22)

現代自がアウディと提携 FCVの開発加速、特許を共有(06/22)

ムーディーズ、サムスン電子格付け引き上げ(06/22)

最低賃金引き上げ、類例ない水準=OECD(06/22)

ベトジェット、韓国大邱―ダナン線就航へ(06/22)

公取委の企業調査・再就職不正、検察が捜査(06/22)

LGイノ、自社半導体をカーシート向け供給(06/22)

錦湖石化、手術用ゴム手袋の原料を増産(06/22)

LS電線、印に電力用超高圧ケーブルを供給(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン