テイクオフ:ベンジャミン・バトラー…

ベンジャミン・バトラーさんという、香港在住の英国人未来学者がいる。投資銀行やヘッジファンドで働いていた時に投資家向けに将来起こりうるリスクを予測し、的中したことから独立した。英国の欧州連合(EU)離脱や米トランプ政権の誕生を予測しており、かの売れっ子政治学者、イアン・ブレマー氏よりも的中率は高いかもしれない。

そのバトラーさんは、2年前に5~10年以内に朝鮮半島が統一に向かう最初の出来事が起こると予測した。トランプ氏については、半島の今後を左右する「ワイルドカード」になった最初の米大統領とみており、外交交渉を有利に展開するため「予測不可能な状況を意図的に作り出している」と分析。中国がその気になれば、金正恩委員長の亡命も何年後かにはありうるという。

楽観的にも聞こえるが、今の不安を乗り越える力にはなりそうだ。(碩)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 経済一般・統計

その他記事

すべての文頭を開く

中小企業庁、省に格上げ=政府組織法改正(07/21)

今年の成長率、2.7%に引き上げ=ADB(07/21)

18兆円投入の「5カ年計画」 政府主導で不公正取引の根絶へ(07/21)

韓国産石油の輸入が急増 上半期は2倍に、FTAが追い風(07/21)

公取委、「大企業集団」のハリムを調査(07/21)

一部外国人労働者、永住可能なビザ新設(07/21)

雇用が海外に流出、対外直接投資の拡大で(07/21)

韓国畜産の先進、養鶏事業に300万ドル投入(07/21)

若年層の初任給、150万ウォン未満が半分(07/21)

KOSPI6日続伸、最高値の更新続く(07/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン