豪政府、企業の労組賄賂禁止 最大10年の禁錮刑に

オーストラリアの連邦政府は22日、労働組合と企業幹部の間で正当な理由がなく金銭の授受がなされた場合、企業関係者に対し最大10年の禁錮刑や罰金を科す法律を制定すると明らかにした。新法制定に関しターンブル首相は「国内の事業や業界団体を守るため」としている。オーストラリ…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 経済一般・統計雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:宝飾品を選びにチャイナ…(02/23)

外国人向けビザ発給を迅速化 豪政府、無違反企業対象に(02/23)

SIA、パース便にボーイング最新鋭機を投入(02/23)

ATO、税申告の経費過大申告の取締りへ(02/23)

サントス、ダーウィンLNG拡張に向け調査(02/23)

ウェスファーマーズ、上半期86%超減益(02/23)

アダニ、3月までの資金調達決定を白紙に(02/23)

カンタス上昇気流、上半期で18%大幅増益(02/23)

シドニー空港、6カ月内にアジア路線受入れ(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン