豪政府、企業の労組賄賂禁止 最大10年の禁錮刑に

オーストラリアの連邦政府は22日、労働組合と企業幹部の間で正当な理由がなく金銭の授受がなされた場合、企業関係者に対し最大10年の禁錮刑や罰金を科す法律を制定すると明らかにした。新法制定に関しターンブル首相…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 経済一般・統計雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:子どもを迎えにバス停に…(07/28)

豪と英、FTA実現に向け協力 2プラス2開催(07/28)

豪準備銀、金利変更は急がず(07/28)

豪企業、アジアのインフラ投資に注目を(07/28)

州の銀行税、非常に危険な前例に=ABA(07/28)

ノンバンクが当局に反発、規制強化の動きで(07/28)

電力価格高騰、州政府の政策に問題=競争委(07/28)

メルボ高速に大型橋建設、渋滞解消目指す(07/28)

政府はCET採用で投資呼び込みを=産業界(07/28)

豪当局、違法な企業再建アドバイザーに照準(07/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン