公文がビンズオン省に初教室、4月オープン

公文ベトナムが、4月3日に南部ビンズオン省に新教室を開設することが分かった。ベトナムでは18教室目で、同省では初の教室となる。

新教室は、同省トゥーザウモット市にあるベカメックスタワー内に設ける。3~18歳が対象で、月謝は90万ドン(40米ドル、約4,500円)となる。週2回の通塾で計500人ほどの生徒の受け入れが可能という。

ビンズオン省に開設するきっかけの一つは、同省からホーチミン市トゥードゥック区やゴーバップ区の教室まで通っている生徒がいたためだ。市場調査をした結果、住民の所得や保護者の送迎のしやすさ、安全面などの条件を満たしたことで開設を決めた。公文ベトナムの岩佐雅裕社長はNNAに対し、「継続して通ってもらうことが大事なので、通いやすい環境づくりをしたかった」と話す。

公文ベトナムは、ホーチミン市に16教室、ハノイに1教室を展開し、約8,000人が通っている。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 商業・サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

家電販売事業、M&Aで加速 テーゾイジードンの展望(下)(01/24)

17年の訪韓外国人数22.7%減 THAADが東南アジア圏に影響(01/24)

サッカーU23代表、ベトナムが決勝進出(01/24)

鉄道総公社、21年までに旧式車両を全て入替(01/24)

交通インフラ向け支出、17年は60.7兆ドン(01/24)

鉄鋼ホアファット、17年純益は過去最高(01/24)

PVガスが昨年9%増収、原油値上がりで(01/24)

果汁飲料マリー、20年に海外販売6割狙う(01/24)

【ASEAN】ベトナム医療は魅力的な投資機会か?(11)(01/24)

桜梅桃里、南部に高齢者向け施設開設(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン