日本人のタイでのホテル出費、前年比10%減

ホテルのオンライン予約サービス大手ホテルズドットコムは7日、ホテル宿泊料金の指標「ホテル・プライス・インデックス(HPI)」で、昨年の日本人旅行者のタイでの宿泊料金が平均で前年比10%減の9,635円だったと発表した。

タイにおける1泊1部屋当たりの平均宿泊料金は、北部チェンマイが13%減の6,014円となり、世界の人気上位75都市中で最も低かった。東部チョンブリ県パタヤが14%減の6,792円、バンコクが10%減の8,999円、南部プーケットが6%減の1万6,052円と、いずれも減少した。

75都市中アジアは32都市を占め、フィリピンのアンヘレスシティ(1%増)を除く全てで平均の宿泊料金が減少。ミャンマーのヤンゴンは28%減の9,320円と大きく減少した。アジアで宿泊料金が最も高かった都市はグアムのタムニンで、5%減の2万5,572円。シンガポール(12%減の1万8,244円)、マカオ(15%減の1万8,010円)と続いた。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 経済一般・統計IT・通信商業・サービス観光・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

複合バリト、タイSCGと物流の合弁設立(06/23)

製造の聖地に新たな可能性 ものづくり祭典、日系が商機探る(06/23)

ラオスのダム建設前進へ、事前協議を終了(06/23)

5月の新車販売、0.6%増の6.6万台(06/23)

【アジア三面記事】運がいいのか悪いのか(06/23)

5月の新車販売(表)(06/23)

発電公団と電子技研、EV化技術を共同開発(06/23)

物品税優遇でEV需要拡大、FTIが指摘(06/23)

AASオート、ベントレー初のSUV投入(06/23)

シャープが太陽光発電受注、ビッグC向け(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン