日本人のタイでのホテル出費、前年比10%減

ホテルのオンライン予約サービス大手ホテルズドットコムは7日、ホテル宿泊料金の指標「ホテル・プライス・インデックス(HPI)」で、昨年の日本人旅行者のタイでの宿泊料金が平均で前年比10%減の9,635円だったと発表した。

タイにおける1泊1部屋当たりの平均宿泊料金は、北部チェンマイが13%減の6,014円となり、世界の人気上位75都市中で最も低かった。東部チョンブリ県パタヤが14%減の6,792円、バンコクが10%減の8,999円、南部プーケットが6%減の1万6,052円と、いずれも減少した。

75都市中アジアは32都市を占め、フィリピンのアンヘレスシティ(1%増)を除く全てで平均の宿泊料金が減少。ミャンマーのヤンゴンは28%減の9,320円と大きく減少した。アジアで宿泊料金が最も高かった都市はグアムのタムニンで、5%減の2万5,572円。シンガポール(12%減の1万8,244円)、マカオ(15%減の1万8,010円)と続いた。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 経済一般・統計IT・通信商業・サービス観光・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

LINEタイ社長、格安SIMの合法性主張(18:18)

政府貯蓄銀、リバースモーゲージを今月導入(19:21)

テイクオフ:「鶏たたきしよう」とい…(09/25)

東南ア最大のデジタル展開催 日本から14団体、ロボットPRも(09/25)

【書籍ランキング】9月7日~9月13日(09/25)

東洋紡、タイ大手とエコ触媒技術を世界展開(09/25)

商社BJC、越ティッシュメーカーを買収(09/25)

特殊印刷TBSP、ミャンマーに新合弁会社(09/25)

サンシリ、入居者向けEVシェアリング開始(09/25)

建材Sキッチャイ、繊維板の生産能力倍増(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン